プロミスのおまとめローンについて解説します!

 

おまとめキャッシングとは「おまとめローン」とも言い、複数の貸金業者からお金を借りている人がしばしば用いている方法です。幾つも借りている借金を一本化することで、月々の返済を少しでも減らし、総支払返済額乃至は利息を減らしたいと考えた場合に用いられる方法です。本来キャッシングは本当に必要なときだけ必要最小限の額を借り、なるべく早めに返せば、そう大きな負担にはならないはずです。しかし、無計画に複数の業者から借りてしまう人や、やもう得ず多額の借金をしなければならなかった人は、どうしても出てきます。そこでこの、おまとめキャッシングが大きな効力を発揮するのです。

 

もう少し具体的に言いますと、おまとめキャッシングとは、複数のローンを金利に近いローンに一本化するための商品ということになります。例えば複数の業者から、60万円(金利15パーセント)・30万円(金利18パーセント)・10万円(金利20パーセント)という形で借りていた場合に、100万円(金利10パーセント)という形に一本化して金利の負担を減らそうというのが、おまとめキャッシングなのです。業者によって金利はマチマチですが、高いものも低いものもあります。それを1番金利の低い業者のキャッシングに借り替えることで、利息の負担分を減らすことが出来るというわけです。

 

おまとめキャッシングによって、まず利息分を減らすことが出来れば、総支払返済額をへらすことにつながり、転じて月々の返済額が減らせるかもしれません。ですから、おまとめキャッシングは、実質年率が1番低い貸金業者を選ぶことが肝心です。年率が低い方が、利息の軽減につながりやすいからです。消費者金融の中には銀行の傘下になっていて無利息期間を設けている業者や、金利を低めに設定している業者もありますから、そうした業者の中から実質年率の低い業者を選んで一本化しても構いませんが、特にお勧めなのは銀行キャッシング(カードローン)に一本化することです。何故かと言うと、銀行のキャッシングは実質年率が低いだけでなく、総量規制の対象外になっているので、他の業者からの借入で総量規制の対象になっていても、銀行キャッシングの方に、ローンをまとめられる可能性があるからです。

 

しかし、複数借りている業者が全て消費者金融の業者であっても、もちろん1番実質年率の低い業者にローンを一本化すればよいのです。もし年収の3分の1以上借りてしまっている場合でも、尚のこと便利です。最初の方で書いたように月々の返済額や金利の負担が減り、月1回の返済によって段階的に借入残高を減らしていくことは十分可能です。

 

消費者金融の大手プロミスの場合のおまとめキャッシングの、申込からの流れをみてみましょう。まず自動契約機か店頭の窓口へ申し込みます。その後審査を受け、審査結果の連絡があり、審査に合格していれば契約成立となります。その後はプロミスが、他の融資先・借入先への返済作業を行ってくれることになっています。プロミスですと、この際の振込手数料が不要となっています。但し、融資は300万円まで・限度額の範囲内で当社の決定金額が出される・単一金利・借入利率6.3パーセント〜17.8パーセント・遅延利率20.0パーセント・元利定額返済方式・5日、15日、25日、末日のいずれかに返済・返済期間は最長10年・返済回数は1〜120回まで・他社からの借入限定・消費者かクレカからの借入限定といった諸条件がありますので御注意ください。