キャッシングとカードローンの違いについて解説します!

 

キャッシングには、銀行系・信販会社系・消費者金融系それぞれにメリットはありますが、一般庶民にとって最も利用しやすいのは何と言っても消費者金融でしょう。消費者金融は他の2つに比べると金利は高めですが、申込手続きも簡単で審査も早く即日融資も可能で、すぐに必要なお金が借りられます。必要最小限の審査はしますが、大手や中堅クラスならば自動審査システムの導入により、素早く審査をしてもらえます。また無利息期間のある業者を利用し、その期間内に返済すれば全く利息はかかりません。無人契約機からの返済ならば手数料も無料ですし、無利息期間のない業者でも、すぐに返済すれば殆ど利息はかかりません。

 

業者にもよりますが、全国どこにいてもいつでも借入と返済が出来、返済方法も選ぶことが出来ます。これはある意味ではデメリットにもなるのですが、パソコンや無人契約からの申込なら誰にも知られず、借金をするという後ろめたさを感じずに済みます。借金であることを忘れてはいけませんが、抵抗感は弱くなります。また大体どの業者でも50万くらいまでなら、無担保・無保証で信用だけでお金を借りることが出来ます。キャッシングを昔「勤人信用貸」(つとめびとしんようがし)と呼んでいたのもむべなるかなです。

 

キャッシングはなるべく早期に返すのがいいのですが、分割払いにするなら毎月の負担が少ないリボルビング払いがいいでしょう。小口融資ですから、安定した収入があれば非正規雇用者や学生・主婦でも借りられるのも有り難いことです。カードローンやクレジットカードなら、限度額内で何度でも繰り返し借りられますし、お金があれば指定日以外でも早めに返せます。銀行系の消費者金融や銀行そのもののキャッシングなら、金利も低めです。消費者金融は短期の借入向きですが、銀行なら融資限度額が高いので長期の借入に向いています。消費者金融でしたら、大手でも4社くらいまでの他社の利用は許容してくれますが、出来れば辞めておくか清算しておくに越したことはないでしょう。

 

どこを利用するにしても、キャッシングは利用しやすいだけに、借り方や借りる目的がハッキリしていると有効に活用することが出来ます。例えば給料日前のピンチのときに借りると決め、給料が入ったらすぐに返済すると習慣づけられればメリットになります。限度額が決められていますから最悪でもそれ以上借りることはありません。「臨時にお金を貸してもらい、またすぐ返すために使う財布」と考えて計画的に使うようにすれば、キャッシングほど便利なシステムはありません。

 

カードローンについて

 

カードローンとは端的に言いますと、本人確認と個人信用情報に応じて無担保でカードを作ってお金を借りることです。限度額の範囲であれば、いつでも自由に借りたり返したり出来るのが大きな特徴です。その特徴を反映して返済は全て分割で行うことになっています。キャッシングと共に、私たちの一番身近にあるローンと言えます。また、クレジットカードを持っているか新しく作るかしていれば、通常のキャッシングサービスの他に、カードローンの機能をつけることも出来ます。銀行のカードローンなら既に持っているキャッシュカードに機能をつけても、その銀行の口座は持たず、カードローン専用のカードを作るようにしても構いません。

 

カードローンの返済方法は多くの業者で、毎月返済額が変動するリボルビング方式を採用しています。また信販系のカードローンですと、キャッシングサービスとは別に審査をして、個別に利用限度を設定しているそうです。信販会社は顧客獲得を主目的としているため、審査は銀行ほどは厳しくないと言われています。勿論借入目的も自由で、利用限度額の範囲内であれば自由に借入をすることが出来ます。これが消費者金融になりますと、年収の3分の1を超えて借入が出来ない総量規制がありますので、消費者金融からの借入には、二重に注意する必要があります。

 

キャッシングは短期の小口融資に向いたサービスなので、原則として翌月1回払いで一括で返すことになっていますが、カードローンの返済方法は、具体的に言いますと元利均等方式・残高スライド制・あるとき払い等色々あります。利用限度額もカードローンの方が高いことの方が多くなっています。ただローンという呼称への抵抗感からか、敢えてキャッシングと名付けられているカードローンもありますから、御利用の際には必ず確認することが必要です。

 

銀行のカードローンは総量規制もなく、金利も低めに抑えられていますが、審査が信販会社や消費者金融と比べると若干厳しいのが特徴です。但し最近は大手銀行グループの傘下に入っている消費者金融もあるので、そういう所を利用すれば銀行と消費者金融と両方の利点を生かすことは出来ます。CM等でも御馴染みで定評のある銀行系カードローンには、オリックス銀行・みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・楽天銀行等のカードローンがあります。更にその銀行に口座があり、給与振込や各種公共料金引落のサービスを利用していれば、優遇措置を受けられる場合もあります。先程もお話したように、信販系のカードローンは審査やカード発行までは比較的早いのですが、消費者金融と同様に金利が高めなので、長期間の借入には向いていません。消費者金融も非正規雇用者でも安定した収入があれば借りられるという利点はあるもの、やはり短期の小口融資向きと言えます。

 

しかし何処のカードローンかを問わず、その中で比較すれば低金利のカードローンはないことはありません。また無利息期間のあるもの・即日融資可能なもの・女性専用窓口のあるもの・専業主婦や学生等収入のない人でも利用出来るもの等、様々なカードローンがあります。申込方法も、ネット・郵送・電話・メール・自動契約機・店頭窓口等、利用者の都合に合わせて選ぶことが出来ます。用意するものは50万或いは100万円位までの借入なら身分証のみでOKですが、高額なときは収入証明書が必要です。何処を利用するにしても、安全で金利や手数料が安く、自分に合ったカードローンを選ぶことが大切です。