プロミスと銀行カードローンの比較について解説します!

 

カードローンを利用するなら、出来れば銀行のカードローンの方を利用したいという人は多いと思います。銀行は銀行法という独自の法律によって経営されており、消費者金融のように総量規制の対象になることはありません。総量規制とは、平成20年のか資金業法の改正によって設けられた、借入額の合計が年収の3分の1を超えてはならないとする規定です。この規定では、収入のない専業主婦等は利用出来ないことになります。銀行のカードローンでも他社からの借入額が多いと審査には不利になりますが、特に問題がない限り規制を受けないというのは有り難いことです。

 

銀行のカードローンは、大手銀行なら経営も安定していますし、資金力も豊富でクリーンなイメージなので、審査は若干厳しくなりますが、それだけに安心感もあります。また一部には専業主婦でも利用出来るカードローンもあります。また多くの場合、消費者金融より低金利となっているので、より利用しやすくなっているのも魅力です。それでも大きな金額を長期間借りた場合は返済に時間がかかり、低金利で借りた意味がなくなってしまいますから、あくまで個人が短期で借りる小口の融資に向いたローンであると言えると思います。

 

そんな中で初めて申し込む人でも、安心して利用出来るカードローンとして定評があるのが、三菱東京UFJ銀行のカードローンです。ここの借入限度額は10万円〜500万円となっており、実質年率は4.6%〜14.6%となっています。申込から最短で即日の融資も可能ですし、原則として安定した収入があれば、パートやアルバイトをしている人でも利用できます。平日13:30までに最終的に、必要書類が銀行側にファックスで届くことが、即日融資可能な条件となっています。また運転免許証を持っている人は、テレビ窓口のあるATMで申込からカード発行まで、即日で行うことも出来ます。国内在住で20歳〜64歳までの人ならば、条件を満たしていれば誰でも利用出来ます。当行の口座がなくても利用出来ますが、保証会社アコムの保証を受けることを了承している必要があります。返済と2回目以降の借入は、全国の当行・セブンイレブン・ローソン・E-netで手数料無料で、いつでも行うことが出来ます。

 

ついでお勧めなのが、新生銀行のカードローンです。借入限度額は1万円〜500万円までで、実質年率は4.5%〜18.0%となっています。初回申込時に、平日14:00までの申込と必要書類の確認の完了が終了していれば、最短で即日融資を受けることも可能です。新生銀行のカードローンでは1万円〜200万円までの利用に限り、初回利用時に5万円までの180日間無利息サービスか、借入額全額の30日間無利息サービスか、どちらかのサービスを選んで受けることが出来ます。両方のサービスを受けることは出来ません。このカードローンは、安定した収入のある20歳〜64歳までの人なら、パート・アルバイトをしている人でも利用することが出来ます。ネット上だけでいつでも申し込むことが出来ますし、返済と2回目以降の借入は、全国の提携ATMや新生銀行のカードローンのATMで、いつでも手数料無料で行うことが出来るので、大変便利です。

 

プロミスについて

 

SMBCコンシューマーファイナンスを株主とし、三井住友銀行グループの傘下にあるプロミスは、1962年に設立され、本社は東京の銀座にあります。消費者金融業を主な事業とし、日本貸金業協会・(社)日本クレジット協会に属しています。2014年3月現在で有人店舗18店・無人契約機店舗が1110店・自動契約機が1154台・自社ATMが1147台・提携しているCDとATMが70367台・提携しているコンビニは23153店舗となっています。ここでは、消費者金融業として提供しているサービスについて、お話していきたいと思います。

 

プロミスでは初回申込者に限り、メールアドレスの登録とWEB明細利用を条件に、初回出金日の翌日から30日間無利息になるサービスを受けることが出来ます。申込は公式HPの申込フォーム・店舗受付・郵送・電話のいずれでも可能で、WEB申込ですと、即日融資を受けられる可能性もあります。20歳〜60歳で安定した収入と返済能力があれば、主婦や学生でも利用出来ます。印鑑・担保・保証人はいずれも不要です。

 

審査のための運転免許証や健康保険証、借入金額によっては収入証明書類は(最新の源泉徴収票・確定申告書・直近2ヶ月分の給与明細書・賞与を受けている場合は、1年分の賞与明細書等)も用意してください。収入証明書類は、希望借入金額が50万円以上になっているか、他社との利用残高農合計が100万円以上となったときに、必要となりますので、十分注意するようにしましょう。WEB申込はパソコンの他、スマホやケータイでも行えます。

 

またプロミスの自動契約機や三井住友銀行ローン契約機を利用しますと、身分証或いは収入証明書類を用意すれば、申込から契約・カード発行までを、機械だけで行うことが出来ます。電話受付の申し込みは毎日9:00〜22:00まで行われており、店舗受付でも、申込から契約・カード発行までを、店舗の中だけで行うことが出来ます。郵送での申込は、自動契約コーナー・プロミスATMコーナー・店舗窓口に設置した申込書か、電話やネットによる請求で郵送してもらった申込書で行ってください。

 

プロミスでは、その他にも、オペレーターが全員女性で通常の申込と同じ手続きを行える女性専用ダイヤルレディースコール・おまとめローン・自営業者ローン・目的ローン等、従来のローンサービスも行っています。また会員限定のサービスとして、瞬時に振り込んでもらえる振込キャッシング・ポイントサービス・限度額変更の申込・ネット返済・口座振替・返済日お知らせメール等の、便利なサービスを多数取り揃えています。

 

またプロミスの利用限度額は500万円まで、新規申込の際の実質年率は4.5%〜17.8%、返済方式は残高スライド元利定額方式となっています。